消化器科

食道から直腸までの全消化器(肝・胆・膵を含む)の診療を担当するグループです。

診療内容

消化管・胆道膵部門

消化管及び肝胆膵疾患の診断・治療を行なっています。

検査

上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、消化管造影検査などが主な内容です。

治療

消化管出血の緊急止血術、早期がんに対する根治療法として内視鏡的粘膜切除術(吸引法)、内視鏡的胃瘻造設術、総胆管結石症には内視鏡的乳頭切開術(あるいはバルーン拡張術)および内視鏡的砕石術を、さらに胆管狭窄に対するステント挿入、ドレナージ術等を行なっています。QOL(生活の質の改善)の高い内視鏡的手術の重要性は高齢化社会の進展とともに更に増しています。

消化性潰瘍や慢性胃炎に対するヘリコバクター・ピロリ菌除菌療法、また進行がんに対する化学療法を行っています。

終末期の患者さんに対するがん性疼痛の緩和医療も積極的に行ないます。その他消化管全般に対する医療相談も担当します。

肝臓部門

肝臓部門はウィルス性肝炎・肝硬変と肝臓がんの診断及び内科的治療を中心に行っています。

外来

ウィルス性肝疾患(慢性肝炎や肝硬変など)の患者を多数診療しています。肝発癌の抑制にもつながるインターフェロンに療法にも積極的に取り組んでおり、近隣の開業の先生方のご協力をいただいて外来通院でのインターフェロン投与を進めております。

またウィルス性肝疾患の患者については血液検査(肝機能検査・腫瘍マーカー)と画像診断(腹部CT、腹部超音波検査)を適切に組み合わせた厳密な経過観察を行うことにより、肝癌の早期発見に努めています。近隣の先生のほうで日常の診療を受けておられる患者につきましては、肝癌のスクリーニングのみを担当してDouble Follow Upを行うこともしております。

発見された「癌」に対しては、エコー下腫瘍生検等の精査の上、種々のevidenceに基づいて治療方針を検討・選択します。外科的治療の適応例は原爆病院ほか外科への紹介する他、経皮的エタノール注入療法、原爆病院放射線科と連携した肝動脈塞栓療法、化学療法などを施行しています。

このほか、最近話題のNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)についても肝生検等の精査を行い、積極的に治療を進めています。

また、これら消化器がんを始めとする消化器疾患の予後と診断をさらに改善させるため、学会のガイドラインに則った医療の提供(より優れた診断法や治療法の導入)を目指しています。

主な検査内容

上部内視鏡検査(胃カメラ)

検査日時 毎週月曜日から金曜日の午前中(出来れば11時まで)
予約 必要
検査当日の飲食等 絶飲食
(ただし、降圧剤・狭心症の薬は少量のお水で服用が必要)
検査時間・内容 咽頭麻酔後5分から10分で終了
検査結果 当日
(ただし、生検の結果は10日前後)

大腸内視鏡検査

女性の方で、大腸内視鏡検査を女性の内視鏡専門医に希望される方はお申し出ください。

検査日時 毎週月曜日から金曜日(検査当日9時までに来院が必要)
予約 必要
検査時間・内容 来院後、マグコロールP1.8 lの下剤を約1時間30分ほど飲み、便が透明になったところで検査開始
腸の動きを抑える注射をし、その後内視鏡を挿入
検査時間は約20分前後
検査結果 当日

ERCP

検査日時 随時
予約 必要
(ただし、緊急の胆管ドレナージ等の処置が必要な場合、担当医の中尾に連絡くだされば速やかに対応)

腹部CT検査

検査日時 随時
予約 不要
(緊急の場合、速やかに対応)
検査結果 当日

腹部エコー検査

検査日時 毎週月曜日から金曜日の午前中
検査結果 当日

肝生検

検査日時 随時
予約 必要
(入院が必要なため、事前連絡が必要)
検査時間・内容 エコー下にて施行
入院期間:2泊3日
施行日当日は安静が必要
検査結果 後日
(約10日後)

内視鏡的治療・処置について

検査日時 随時
検査時間・内容 内視鏡的止血術、粘膜切除術、食道静脈瘤結紮術および硬化療法、内視鏡的胆石除去、胆管ドレナージ、胃瘻造設術等

胃透視(MDL)・注腸造影検査

検査日時 毎週月曜日から金曜日の午前中
検査結果 当日