看護職員教育支援

教育理念

 日本赤十字社長崎原爆諫早病院および看護部の理念に基づき、対象を全人的に理解し尊重できる人格を涵養し、専門職業人としての成長・発達し続ける看護職員を育成します。

基本方針

  1. 専門職業人として組織における自己の役割を自覚し、責任ある態度・行動ができる職員の育成を図る。
  2. 感性豊かな人間性を養い、倫理に基づいた行動ができる能力を育成する。
  3. 科学的根拠に基づいた看護実践能力を養い、自己の看護の専門性を発揮できるように職員を支援する。
  4. 看護の専門性を発揮して、チーム医療の一員としての役割を担うことができる職員を育成する。
  5. 教育研修施設として院外からの研修生及び看護学生を受け入れ相互に学びあうと共に、専門職業人としての発達を支援する。
  6. 国内外の災害時に迅速な対応ができる救護看護師の育成を図る。

キャリア開発ラダー

看護部の教育

 長崎原爆諫早病院の教育システムは、日本赤十字社の医療施設全体で導入している「赤十字医療施設のキャリア開発ラダー」に基づき、個人の臨床看護実践に応じた研修を長崎原爆病院と共同で企画し、展開しています。

 日本赤十字社のキャリア開発ラダーには、新人看護師(レベルⅠ)からエキスパート看護師(レベルⅤ)までの①看護実践者や、②看護管理者、③看護教員(専門学校)、国際活動要員の4コースがあります。赤十字の理念に基づいた看護実践能力を段階的に育成するシステムです。
看護師一人一人が、ライフスタイルに合わせ常に目標を持って、キャリア開発ラダーの研修の機会を自ら選択し、目指す看護に向かってステップアップできるように、支援しております。

 また、キャリア開発ラダーの段階別研修の他、1年をとおして自己研鑚ができるように看護部の集合研修、全職員対象の職員研修を行っています。

段階別到達目標の概要

看護実践者 看護管理 看護教員 国際活動要員
ラダーⅤ
施設全体に影響力を及ぼしながら、医療の質向上をもたらす看護活動を行う赤十字事業の推進者
管理Ⅳ 教員Ⅳ 国際Ⅵ
管理Ⅲ 教員Ⅲ 国際Ⅴ
ラダーⅣ
看護部全体に影響力を及ぼしながら、医療の質向上をもたらす活動を行う
管理Ⅱ 教員Ⅱ 国際Ⅳ
管理Ⅰ 教員Ⅰ 国際Ⅲ
ラダーⅢ
自部署でリーダーシップを発揮しながら、看護活動を行い、スタッフの指導に関わり、災害時の救護活動を従事できる
国際Ⅲ
ラダーⅡ
自部署で自立して看護活動ができる
国際Ⅱ
ラダーⅠ
指導や助言を受けながら安全に看護活動ができる
国際Ⅰ

全体教育

 年間研修計画に沿って、全看護師または全職員対象に研修を実施しています。
ラダーⅠ・Ⅱ・Ⅲの研修以外に、年間30回程の研修を企画・実施しています。
2016年度より、e-ラーニングによる院内研修を開始し、それぞれの生活パターンに合わせた学習ができるようになります。

学会発表

 看護研究計画書から抄録、論文作成まで、専任の講師による指導を受けながら、看護研究に取り組み、院内発表を行っています。後にそのほとんどが、全国レベルの看護学会で発表しています。発表者は、出張として旅費等は公費で賄います。

平成27年度は以下の5演題を発表しています。

部 署 学 会 名 演  題  名 発表者
3階 第46回日本看護学会 看護管理 夜勤看護師の不眠に対するアロマセラピーの効果  ~夜勤看護師を対象として~ 小川 愛
4階 第46回日本看護学会 慢性期看護学術集会 せん妄状態患者への看護師の対応の実態調査 ~看護師への聞き取り調査とアンケート調査から 山口麻紀
5階 第46回日本看護学会 慢性期看護学術集会 結核病棟における患者交流による自尊感情の変化 土井亮拓
5階 第25回日本呼吸ケアリハビリテーション学会学術集会 九州・沖縄地区における慢性呼吸器疾患認定看護師の活動―CNが協働で行った研修会の報告と今後の課題― 吉田光浩
健診部 第56回日本人間ドック学術大会 当院におけるフォローアップ体制の検討 坂口直子

新人看護師教育

日赤長崎原爆病院との合同研修を含み、年間15回前後の集合教育を実施しています。地域との交流を深める為にも近隣施設の新人看護職員も参加できるように呼びかけ共に学んでいます。講師には、認定看護師、呼吸療法士、ラダーⅢ取得者、赤十字健康生活支援指導員、コメディカルなど幅広い人材を駆使しわかり易くそして専門的な内容となっています。また、メンタルサポート・リフレッシュを目的に実地指導者とともに宿泊研修を企画し、好評を得ています。
病棟では、一日でも早く馴染めるよう新人一人ひとりに実地指導者が担当し、“育み、育まれる組織風土の醸成”を目指し、チーム一丸となって現場教育に力を入れています。

実地指導者研修(プリセプター研修)

毎年、年間5回の研修を実施し、実地指導者の役割やコーチングなど人材育成に必要な研修を企画し、同時に実地指導者間の交流を図り、情報の共有や悩み事の解決、精神的な支援が出来るよう学びを深めています。さらに各部署には実地指導者の相談役として支援ナースを設置しています。

実地指導者研修1 実地指導者研修2

2年目看護師研修

2014年度より、2年目看護師研修担当部会を発足し、2年目看護師の教育研修企画及び実施を行っています。1年目に未達成の技術項目の強化、メンタル面でのフォローを行い、その後の成長に繋げることを目的としています。訪問看護体験や宿泊研修を行い、同期他者と行動を共にし、思いを共有することで、心身ともにリフレッシュできることを目指しています。

2年目看護師研修2

看護助手教育研修

 看護職員と看護助手の役割分担と連携を考慮し、看護チームの一員としての姿勢や医療安全・感染管理、移動動作や清潔援助など年間を通して研修を行っています。
 また、委員会にも各部署代表が出席して、業務の見直しや情報共有を行い、働きやすい環境つくりを行っています。

看護助手教育研修1