看護職員教育支援

教育理念

 日本赤十字社長崎原爆諫早病院および看護部の理念に基づき、対象を全人的に理解し尊重できる人格を涵養し、専門職業人としての成長・発達し続ける看護職員を育成します。

基本方針

国際救護ハートラ
  1. 専門職業人として組織における自己の役割を自覚し、責任ある態度・行動ができる職員の育成を図る。
  2. 感性豊かな人間性を養い、倫理に基づいた行動ができる能力を育成する。
  3. 科学的根拠に基づいた看護実践能力を養い、自己の看護の専門性を発揮できるように職員を支援する。
  4. 看護の専門性を発揮して、チーム医療の一員としての役割を担うことができる職員を育成する。
  5. 教育研修施設として院外からの研修生及び看護学生を受け入れ相互に学びあうと共に、専門職業人としての発達を支援する。
  6. 国内外の災害時に迅速な対応ができる救護看護師の育成を図る。

キャリア開発ラダー

看護部の教育

 長崎原爆諫早病院の教育システムは、日本赤十字社の医療施設全体で導入している「赤十字医療施設のキャリア開発ラダー」に基づき、個人の臨床看護実践に応じた研修を長崎原爆病院と共同で企画し、展開しています。

 日本赤十字社のキャリア開発ラダーには、新人看護師(レベルⅠ)からエキスパート看護師(レベルⅤ)までの①看護実践者や、②看護管理者、③看護教員(専門学校)、国際活動要員の4コースがあります。赤十字の理念に基づいた看護実践能力を段階的に育成するシステムです。
看護師一人一人が、ライフスタイルに合わせ常に目標を持って、キャリア開発ラダーの研修の機会を自ら選択し、目指す看護に向かってステップアップできるように、支援しております。

 また、キャリア開発ラダーの段階別研修の他、1年をとおして自己研鑚ができるように看護部の集合研修、全職員対象の職員研修を行っています。

段階別到達目標の概要

看護実践者 看護管理 看護教員 国際活動要員
ラダーⅤ
施設全体に影響力を及ぼしながら、医療の質向上をもたらす看護活動を行う赤十字事業の推進者
管理Ⅳ 教員Ⅳ 国際Ⅴ
管理Ⅲ 教員Ⅲ 国際Ⅳ
ラダーⅣ
看護部全体に影響力を及ぼしながら、医療の質向上をもたらす活動を行う
管理Ⅱ 教員Ⅱ 国際Ⅲ
管理Ⅰ 教員Ⅰ 国際Ⅱ
ラダーⅢ
自部署でリーダーシップを発揮しながら、看護活動を行い、スタッフの指導に関わり、災害時の救護活動を従事できる
国際Ⅰ
ラダーⅡ
自部署で自立して看護活動ができる
ラダーⅠ
指導や助言を受けながら安全に看護活動ができる

新人看護師教育

 長崎原爆病院との合同研修を含み、年間15回の集合研修を実施しています。
 地域との交流を深める為にも近隣施設の新人看護職員が当院での研修に参加できるよう呼びかけ、ともに学びを深めています。 講師には、認定看護師、呼吸療法士、ラダーⅢ取得者、赤十字健康生活支援指導員、コメディカルなど幅広い人材を駆使し、分かり易くそして専門性の高い内容となっており、すぐ実践に生かせる内容となっています。 また、メンタルサポート・リフレッシュを目的に年に1回長崎原爆病院とともに多職種の新人職員が参加し、宿泊研修を実施し、好評を得ています。
 病棟では一日でも早く馴染めるように新人一人ひとりに実地指導者が担当し、「育み、育まれる組織風土の醸成」を目指し、チーム一丸となって現場教育に力を入れています。

  • 新人職員大集合!

    △新人職員大集合!

  • 静脈血採血技術研修

    △静脈血採血技術研修

  • 新規採用職員・リフレッシュ研修1
  • 新規採用職員・リフレッシュ研修2

△新規採用職員・リフレッシュ研修△

実地指導者研修(プリセプター研修)

 当院では新人看護職員を支えるシステムとしてプリセプターシップを導入しています。
 プリセプターシップはプリセプターというお姉さん、お兄さん役の先輩看護師が一年を通して新人看護の学習サポートや心の支えとなるものです。
 一年を通して関わることで、プリセプター自身も成長する機会となり、新人看護師と担当プリセプターの間には強い絆が生まれます。
 プリセプターとなるのは主に3~5年目の看護師で、自身の新人時代を振り返りながら、新人看護師に関わり、共に成長していきます。当院ではプリセプターを教育、支援するために年5回のプリセプター研修を実施しています。研修の中で新人看護師の傾向や学習サポート方法を学ぶ他、自分自身を振り返り、お互いの変化や成長を認め合えるような教育を行っています。講義だけでなくグループワークを積極的に行い、プリセプター間で情報や悩みの共有を行うことで、すべてを一人で背負うのではなく、チームで問題解決を行う思考過程を学んでいきます。

  • 実地指導者研修1
  • 実地指導者研修2

看護補助者研修

 当院の看護部では、年間計画に沿って業務委員会が主体となって、看護補助者研修を実施しています。e-ラーニングを活用し、接遇や医療チームおよび看護チームの一員としての看護補助者業務の理解等の基本的な研修を実施しています。いずれの研修も看護ケアの質の向上を目指しています。
 今年度初の取り組みでは、研修でおむつマイスター講習を実施しました。
 研修後のアンケートでは「看護師と共に排泄ケアも実施しているので為になった」という意見も聞かれました。看護師・看護補助者が共同し、より良い看護ケアが提供できるよう努めていきたいと思います。

▽おむつマイスター講習の様子です。▽

  • 看護助手教育研修1

    △おむつマイスター取得に向け真剣です。

  • 看護助手教育研修2

    △正しいおむつの当て方は・・・。