地域包括ケア病棟

~52床の地域包括ケア病床で、急性期から在宅復帰へのお手伝いします~

地域包括ケア病床とは

 しばらくの間、入院療養を継続しながら「在宅復帰に向けた準備を整える」ための病床です。
主治医をはじめ、看護師、リハビリスタッフや在宅復帰担当者などが協力し、患者さんやご家族の意向を確認しながら在宅復帰に向けた相談・準備を行います。

対象となる患者さん

 在宅あるいは介護施設などに退院予定で、急性期治療が終了し症状が改善・安定した後、もう少し在宅復帰に向けた準備やリハビリが必要な方です。

  • 在宅での生活への準備が必要な場合
  • 介護生活を開始するまでの準備が必要な場合(介護保険申請・介護用具の準備等)
  • 転院や入所するまでに期間がある場合

入院期間及び入院費用

在宅復帰の準備や施設への入所が決定しましたら退院となります。

  • 1日あたりの入院費は定額です。1ヶ月の医療費の負担上限があるので、一般病床の場合と入院費はほとんど変わりありません。
  • 有料個室もございます。
    詳細は下記のとおりです。
部屋の種類 使用料金
(1日あたり)
(消費税込み)
設備
A室 6,480円 トイレ、シャワー、冷蔵庫
応接セット、ロッカー、電話、テレビ
 ※電話、テレビは、テレビカードをご購入のうえ、ご利用ください。

インターネット接続可能
 ※パソコンは患者様にてご用意願います。
B室 5,400円
C室 3,240円 トイレ、洗面台、冷蔵庫、応接セット
ロッカー、テレビ(テレビカード式)

入院をご希望される方へ

当院医療連携室までご連絡ください。

日本赤十字社長崎原爆諫早病院 地域連携室
TEL(直 通):0957-27-2311
FAX(連携室):0957-43-2870