薬剤部

薬剤部では、患者の皆様に適正かつ安全な薬物療法を受けていただくために、他の診療部門と連携して次の業務を行っています。

スタッフ

  • 薬剤師、助手

業務内容

調剤業務

医師が処方したお薬の用法、用量が適切か、飲み合わせの悪いお薬が処方されていないか等の処方チェックや薬歴を確認した上で調剤し患者の皆様に交付しています。

注射薬供給業務

投与量、投与方法、投与速度等をチェックした後、個人セットし病棟に供給しています。

抗癌剤無菌調製業務

安全キャビネットを設置し、無菌的に抗癌剤注射薬の調製を行っています。

薬剤管理指導業務

入院中の患者の皆様に面談し、お薬の正しい服用方法や効果、副作用などを説明しています。

また、薬の副作用の発現に注意を払うなどして、安全に薬物療法が行なわれているかチェックしています。

持参薬調べ

入院時に持参したお薬を確認し医師、看護師に情報提供しています。

薬物血中濃度解析

特定の薬物において、その血中濃度の結果から投与量、投与間隔が適切か判断して医師に報告しています。

医薬品情報管理業務

お薬に関する様々な情報を管理し、各部署に必要な情報を提供しています。

治験事務局

新薬などの臨床試験を受託する際の事務局をしています。

感染対策チーム事務局

病院内の感染対策を行う組織の事務局をしています。

他の職種と連携したチーム活動への参加

院内感染対策チーム、栄養サポートチーム、がん性疼痛緩和ケアチーム、呼吸ケアチームに薬剤師の専門性を生かして参加、活動しています。

糖尿病教室、呼吸器教室で治療に用いるお薬などについて説明しています。